コーデュラ® 変革50年の歴史を振り返る

2017年、コーデュラ®ブランドは忘れられない50年の歴史を祝いました。私たちはこの50年間、休みなく進歩を続け、ミリタリーギア、ワークウェア、アウトドア、そしてライフスタイルアパレルの世界を形作るのに貢献してきました。ファブリックごとに、繊維性能の新しい目標を設定してきました。

耐久性に命を与え、生活に耐久性を取り入れてきました。都市部の環境であろうと、世界で最も過酷な状況であろうと、耐久性を生み出してきたのです。


history of CORDURA®

1967年:コーデュラ®ブランドナイロン繊維を公式に発売開始

コーデュラ®ファブリックは、めまぐるしく変化する、大きな興奮をともなう時代に登場しました。私たち全員が生活し、働き、そして遊ぶ方法が大きく変わった10年でした-そして私たちは、私たちのナイロン6,6繊維でその変化に応えるべく布地を一変させました。私たちは技術の進歩を通して、次の50年間のコーデュラ®ブランドの拠り所となる新しいレベルの耐久性を提供することに成功しました。

history of CORDURA®

1970年代:コーデュラ®ファブリックが登山道に登場...そして山の頂へ
コーデュラ®ファブリックの優れた耐摩耗性と引裂き強度はワークウェアに理想的な素材として採用されました。アウトドア・アクティビティやアドベンチャーのマーケットにも、耐摩耗性と引裂き強度の向上がもたらす利点をすばやく見つけた先駆的ブランドがありました。Kelty、Kletterwerks、Jansport、Eastpakなどのブランドがバックパックに使用し始め、コーデュラ®ブランドをワイルドな場所へ連れ出し、新たな高みへと導きました。技術的なペースも速まりました。70年代のうちに、完全に染色可能な1000Dエアジェットナイロン6.6糸をベースとしたコーデュラ®ブランドのファブリックが発売され、ソフトサイドラゲッジ市場の成長を促しました。

history of CORDURA®

1980年代:アーバンアドベンチャーのためのスタイリッシュな耐久性

これまでコーデュラ®ブランドは色々な新しい方法で街の通りに乗り出し、都会生活のストレスにより対応できるスタイルを提供してきました。例を1つだけ挙げると、マンハッタンポーテージは、耐久性のあるコーデュラ®ファブリック製のメッセンジャーバッグのコレクションを発表しました。(今日に至るまで続いています。)

 

CORDURA® PLUS

これらの新しい用途は、2倍のフィラメント数を持つ1000dのコーデュラ®プラスファブリックの開発により可能になったもので、バッグ、パックおよび室内装飾品の柔らかさの程度を向上させました。500dのコーデュラ®プラスファブリックも発表されました-1000dと同じデニール・フィラメント比と柔らかさを持ちますが、より軽量のギアとアパレルにさらに適したものでした。これらの進歩を後押しするように、世界初の結合シングルステップ・テクスチャリングマシンがテネシー州チャタヌーガで初めて稼働し、コーデュラ®ファブリック認定ナイロン糸の製造が開始されました。

history of CORDURA®

1990年代:耐久性が職場へ

この後長く成功して続くことになるコラボレーションの始まりとして、カーハートは、アウターウェアのコア製品ラインにコーデュラ®ファブリックを追加し、最も過酷なタイプの作業向けにカーハートエクストリームを設計し、発売しました。私たちの生地の丈夫な耐久性は米軍にも認められ、軽量で丈夫な戦闘ブーツ用として革に代わり、テクスチャ加工の1000dナイロンコーデュラ®生地が導入されました。私たちはまた、自らの生産能力と技術力の向上にも熱心に取り組みました。

その例として、屋外UVをターゲットとした色の一貫性と褪色耐性を強化したコーデュラ®プラスColorlock™溶液染色ナイロン(SDN)糸の発売があります。ヨーロッパ市場の需要拡大に対応するため、米国とカナダ、さらに英国にもコーデュラ®ブランドの生地に適した認定ナイロン糸を製造する新しい製造施設を設けました。

 

 

history of CORDURA®

2000年代:さらに世界を広げて-コーデュラ®CARES℠イニシアチブ

コーデュラ®ブランドは、持続可能性などの問題について責任を持って行動する必要性を常に意識してきました-そしてこれは、当社のコーデュラ®ケアプログラムの導入に反映されています。簡単に言えば、これは次の信念によって表現されます。持続可能性は長持ちする製品から™。長寿命の製品は交換する頻度が減るので無駄がなくなり、自然界にとって良いことです。


CORDURA® Cares

これが、リサイクルポ リエステル糸で作られたエコメイドファブリックを発売した理由です。また、この10年間について言うべきことは他にもたくさんあります。いくつか簡単に説明しましょう。インビスタは、ハイテナシティの6,6糸を使用して、ラゲッジ市場向けにコーデュラ®バリスティックファブリックを発売しました。米軍は、布地とウェビングに固有の近赤外線シグネチャ低減機能を備えた新開発の溶液染色ナイロンテクスチャー加工のコーデュラ®ファブリックを採用しています。米海兵隊は改良型耐荷重
(ILBE)新型リュックサックに使用するために725コーデュラ®ファブリックを採用しています。

コーデュラ®ベースレイヤーファブリックは、兵士や警察などの法執行官に、快適で耐久性のあるノーメルトノードリップ保護を提供するために発売されました。インビスタは、コーデュラ®ブランド技術を用いたKlopman Vantageファブリックを発表しました。当社が協業している多くの主要ブランドの中で、ナイキはパックとラゲッジの主要コレクションにコーデュラ®ファブリックを採用しています。


多くの賞の中で、コーデュラ®ウルトラライトファブリックを採用したシートゥサミットの「Ultra Sil Dry Sack」がBackpacker Magazine誌のEditor's Choice Awardを、そしてコーデュラ®ライトファブリックを採用したグラナイトギアのNimbus MeridianバックパックがOutdoors Magazine誌のEditor's Choice Awardを受賞しました。ビジネスの面では、コークインダストリーズの子会社がデュポンからインビスタを取得しました。これには、コーデュラ®ブランドとそのすべての製造資産が含まれます。そして未来を見据えて、私たちはコーデュラ®ブランド大使としてヘレン・セイヤーのスポンサーとなっています。

tent made with CORDURA®

history of CORDURA®

2010年代:ストリートスマートなイノベーションを職場で

コーデュラ®ファブリックは、ストリートウェアとワークウェアの境界線をスタイリッシュに曖昧にし、さらに変えて行こうとしています。コーデュラ®ダックファブリックはコットンとインビスタ420 6,6ナイロン繊維の密なブレンドに基づいて開発され、柔らかさを犠牲にすることなくタフさを実現しています。ペンファブリック(マレーシア)社は、コーデュラ®NYCOのワークウェアファブリックのコレクションを初めて導入しました。快適さと耐久性を兼ね備えたこれらの生地は、インビスタ420 6,6ステープルナイロン繊維で作られた高密度の混紡糸をベースにしています。


CORDURA® workwear
優れた耐摩耗性および耐スナッギング性を特徴とするポリエステルおよびナイロン6,6をともに使用した新しい種類のメッシュニットコーデュラ®AFTファブリックが、Tiong Liong Corporation(台湾)に採用されました。コーデュラ®ライトプラスファブリックは、もとになったType 725コーデュラ®ライトファブリックと比較して、引張り強度が12%以上も向上しました。これらの新技術は、コーデュラ®NaturalleのFabricLinkネットワークの

history of CORDURA®

2017年:耐久性のマイルストーンのお祝いです。

創立50周年を迎えるにあたり、私たちは世界中の革新的で永続的なブランドや製造工場、そして世界で最も尊敬されているいくつかの組織と密接に協力してきた長い歴史を振り返りました。私たちのファブリック技術を形作り、進化させる手助けしてくれた人々です。製品の設計と開発におけるテキスタイルソリューションの限界を超えてくれた人々です。経験、情熱、そして意欲によって私たちを支援してくれた人々に助けられて、コーデュラ®ブランドは構築されています。さて、将来を見据えて、皆さんのお力を借りながら新たなページを綴って行きたいと思います。